新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

第8期HIROSAKIはやぶさカレッジ修了報告会を行いました(国際連携本部)

 令和3年12月22日(水)の放課後、附属図書館グローバル?スクエアにおいて、第8期HIROSAKIはやぶさカレッジ修了報告会を行いました。7名のはやぶさ8期生は、それぞれ以下のテーマについて調査の成果をまとめ、質疑応答を含めた15分間で発表しました。

太田 泉「Thinking about Inclusive Education」
齋藤 宏大「Discrimination of Second Generation immigrants」
堀越 杏奈「Volunteering in foreign countries」
五内川 音羽「The plans to make a mixed residence dormitory a place of “coexistence”」
小山内 明純「Awareness and Support for those with Anti-Social Behaviour, with a focus on Drug-use」
大髙 智英「Strengthening connection between English teaching and English speaking」
佐藤 宗二郎「Comparison of COVID-19 Measures in NZ and in Japan and action plan in after COVID-19」



ページ上部へ戻る